プロフィール

heidelberg

Author:heidelberg
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (20)
家庭 (1)
ドイツ情報 (17)
老化現象防止の為に (2)
ネットワークビジネス (2226)
ニュースより (2)
老後の安心 (0)
在宅ネットワークビジネス (1)
サイドバー
こんな大金、一体誰が...

>>>ネットワークビジネスで経済的不安解消 <<<

22日のドイツの新聞に出ていました。

英ロンドンのオークションで、
「日本音楽財団」が所有する
バイオリンの名器「ストラディバリウス」が
11,1 ミリオーネンオイロ、
1589万4千ドル(約12億7千万円)で
落札されました。

このバイオリンは、
ストラディバリウス、
バイオリンの名器です。

その名は
レイディー・ブラント。

1721年に製作。

これまでに競売で落札された
ストラディバリウスの最高額の
4倍以上に当たる価格だそうです。

バイオリンの落札価格としては
過去最高額です!

一体誰が買ったのでしょうね。

落札者は公表されていないそうです。
まあそうでしょうね。

日本財団は
東日本大震災の被災地支援のために
オークションに出品したのだそうです。

この、
レイディー・ブラントの音色を
是非聴いてみたいです!

また、金庫行きでしょうか。。。


>>>ネットワークビジネスで海外への道





スポンサーサイト

2011/06/23 01:38 | ニュースよりCOMMENT(0)

原発に対する意見・村上春樹氏のスピーチ in バルセロナ

>>> ネットワークビジネスで経済的不安解消 <<<

今日は6月11日、東日本大震災が起きて3カ月になりました。

大震災に伴う福島原発事故は、
世界中の人々に原子力発電への一般人の知識が薄かったことを思い知らせました。

こちらドイツでも、
私は何度ドイツ人友達や知り合いから言われたことでしょう。

「日本は広島と長崎に原子爆弾を落とされたのになぜ原発があるの?」

私には答えるすべがありませんでした。
その答えを作家の村上春樹さんがおっしゃっています。
以下は日テレ24からお借りしましたので、お読み下さい。


 作家・村上春樹さんが、人文科学の分野で活躍した人に贈られるスペインのカタルーニャ国際賞を受賞した。

村上さんは、バルセロナで9日に行われた授賞式のスピーチで、「我々日本人は核に対する『ノー』を叫び続けるべきだった」と原子力発電に反対する意見を述べた。

村上さん
「この福島第一原発事故は、日本人が体験する2度目の大きな核の被害です。
しかし、今回は誰かに爆弾を落とされたわけではありません。
どうしてこんなことになったのでしょう。答えは簡単です。

効率です。

我々日本人は、核に対する『ノー』を叫び続けるべきだった。

我々は技術力を結集し、持てる英知を結集し、社会資本をつぎ込み、原子力発電に代わるエネルギー開発を国家レベルで追求すべきだった。
損なわれた倫理や規範の再生は、我々の全員の仕事になります。
皆で力を合わせて、その作業を進めなくてはなりません」

村上さんは20分にわたってスピーチし、原子力発電への異議と災害の克服を強調した。
また、賞金約920万円は東日本大震災と福島第一原発事故の被災者への義援金として寄付する意向。

日テレ24 2011年6月11日 より


そうです。
私達日本人は、国民全員で、核に対する『ノー』を
世界中に向かって叫び続けるべきでした。
私はその努力を怠っていました。

ヨーロッパでは、福島原発事故の恐ろしい事態を受けとめたドイツが筆頭となり5月30日、ついに原発廃止を決議しました。
スイスやイタリアでも決議案が出ています。
その上、原発開発に最も力を入れ、多いに利用しようとしているフランスでさえ、
国民の70%以上が、原発廃止を訴えているそうです。

これからの世界中の課題は、原子力発電に代わるエネルギー開発です。

自然エネルギーを利用した開発が重要です。
そして勿論、私達一人一人も、自然の力を利用して、節電を心がける必要が今以上にあるように思います。


>>>ネットワークビジネスで海外への道



2011/06/12 00:30 | ニュースよりCOMMENT(0)

Design By素人webデザイン